Search
Search Menu

合宿免許で免許取得即クルマ!意外とプラスαの費用がかかる ガソリン代

合宿免許で運転免許取得して、即クルマを購入……。しかし、クルマってあなたが想像している以上、お金がかかってしまうものです。もちろん、クルマはクルマ本体だけ支払いすればいいということではありません。

合宿免許の費用を安く済ませるコツ

ガソリン代

合宿免許で運転免許取得して、クルマを購入したいと思うものの、クルマには、いろいろ
支払いしなければならないものがあって、非常にわかりづらいという声も聞きます。

まず、クルマを購入したら絶対にガソリン代を支払いしなければならないですよね。ガソリン代を支払いしなければ、クルマはただの置物です。それでは、せっかく合宿免許で運転免許取得したというのに運転技術は上達しません。

ガソリン代は、 クルマの燃料性能によって違います。エコのクルマに乗れば、相当コストパフォーマンスが高いと思うでしょう。

そして、走る距離によっても違いが出てきます。

合宿免許で運転免許取得して、高級車やスポーツカーに乗りたいと思っているあなた。高級車やスポーツカーは、 レギュラーガソリンの使用ではなく、 1Lの単価が高いハイオクガソリンを入れる必要が。更に高いお金がかかってしまうことになります。

月に1,000km走行するという人たちはおおかた、

N-BOX (燃費20km/l)月に7,500円、
アクア (燃費30km/h)月5,000円

という感じです。

メンテナンス代

更に、合宿免許で運転免許取得したあなたは、メンテナンス代にもお金を支払いしなければならない事態となるでしょう。

メンテナンス代とは……、車検のことです。クルマは、 新車を買ってから3年後、またそれ以降は2年ごと、車検を受けなければならない義務があります。

車検の有効期限が切れたら、公道をそのクルマで走ることができません。

「検査手数料」・「点検料」・「整備料」……の金額と言ったものは利用する業者によって違いが出てきます。

車検はディーラーに依頼するのが楽と思うのかもしれませんが、「車検専門店」・「整備店」・「ガソリンスタンド」・「カー用品店」……と言った場所と比較して、料金が高くなってしまうケースが多いので注意しましょう。

更にあなたが運転免許取得して、クルマを乗り続けると、多くの消耗品ができてしまうでしょう。それに対してまたまたあなたは、お金を支払いしなければなりません。

「タイヤ」や「エンジンオイル」、「ブレーキオイル」、「バッテリー」……と言ったものは、 消耗品なのです。

グレードが高いものを求めてしまう程、あなたはより高いお金を支払いすることになります。