オメガ

50周年を迎えるにあたりオメガ・OMEGA、スピードマスターをこよなく愛する

オメガ・OMEGAをこよなく愛している人がいます。

いま、オメガ・OMEGA、スピードマスターに多くの人気が集まっています。

それは何故なのでしょうか。

オメガ・OMEGA、スピードマスターの人気の理由

オメガ・OMEGAのことをあまり知らない人たちは、 なんでオメガ・OMEGA、スピードマスターなのかと思っているかもしれません。

そうまでしてオメガ・OMEGA、スピードマスターにかぶれる必要もないと考えるのかもしれません。

しかしかぶれている人たちは、ロレックスよりオメガ・OMEGAですし、オメガ・OMEGAの中でもスピードマスターなのです。

まさに、スポーティーな時計としては、オメガ・OMEGAは、ロレックスと双璧をなし歴史を作って来たということができます。しかし、あえて言えばロレックスほどコマーシャルをして来たということではありません。

ロレックスの方ががんがん宣伝活動も積極的で、認知度が高いのも当たり前という感じもしないではありません。

更にオメガ・OMEGAは、 新モデルを開発してそれを他社がコピーしても結構態度が穏やかであったりします。

ロレックスなら、そのような事態に遭遇すればがんがんに相手を猛攻撃するでしょう。

そんなブランドとしての心意気が、オメガ・OMEGA、スピードマスターを作り出して評価されているのかもしれないですよね。

スピードマスターは初めて月に行った時計

そしてオメガ・OMEGAが何よりも評価されている理由は未だ、スピードマスターが初めて月に行った時計だということが評価されているからです。

たいしたことないと言えばそれまでですが、それはまさにオメガ・OMEGAの歴史的財産以外何ものでもありません。

もちろん、オメガ・OMEGA、スピードマスターには、そのような究極の状態に耐えうる時計としての機能の高さがあります。

そして、ロレックスものオメガ・OMEGA、スピードマスターもそうですが、レベルの高い時計だからこそ、投資価値の高さが存在し、多くの人たちがオメガ・OMEGA、スピードマスターを購入して、将来に対していささか安心感など感じているのではないでしょうか。

スピードマスターが月に初上陸したのが1969年です。

50周年を迎えるにあたり、オメガ・OMEGA、スピードマスターの価値もぐっと高まった頃ではないでしょうか。

まさに、オメガ・OMEGA、スピードマスターの記念イヤーなのです。